北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
高原兄の5時間耐久ラジオ

サイト内検索

柴田 泰佳のブログ

奇跡の双子ママに密着!

番組 ] 2016/07/30
双子の子育てをしていると、スーパーなどでよく声をかけていただきます。
「大変でしょう?」

その時の私の答えは、決まって「大変です・・・。(即答)」
正直、仕事よりも大変だと感じることも多々あります。

仕事と育児の両立で、子育てを楽しむ余裕がなかったとき、「あるママ」に出会いました。

3歳の双子の男の子と、10か月の女の子のママである山口さやかさんです。
我が家よりも育児が大変であることは、一目瞭然でした。
左右バラバラに走る双子、そして後追い真っ盛りの女の子。

「大変でしょう?」と聞くと、「大丈夫ですよ!」と笑顔で返答がきました。

正直、驚いたのと同時に、どんな子育てをしているのだろうと、私は興味津々に。
もしかしたら、子育てを楽しめるヒントをもらえるかもしれないと思いました。

それからしばらしくして、どうしても山口親子が忘れられず、密着取材をさせてもらうことになりました。

すると、想像通り、いや想像以上に、その生活はバタバタしていました。
双子はオモチャを取り合って大ゲンカ、そして大泣き。
10か月の女の子は、ママから少しでも離れると号泣してしまうので、常に抱っこ。
ママは睡眠時間が2時間ということもあるそうです。
そんな状況、私には平常心を保つなんて到底無理です。。

しかし、ママが子供たちに対して怒ることは、ほとんどありません。

なぜイライラしないのだろう・・・
その理由を聞くと、「生まれてきてくれて、すごく感謝をしている。」と教えてくれました。

私も一卵性双生児のママとして、双子の妊娠・出産のリスクは知っています。
私も双子と分かったときに、無事に生まれるか本当に心配しました。

ただ、山口さんのところの双子ちゃんは、「MM双胎」と言われる極めて珍しい双子の妊娠タイプで、
そのリスクは、一般的な妊娠の100倍とも言われています。

「先生からは、2人が無事に生まれる可能性は2割と言われました。」とママ。
だからこそ、小さく生まれたものの、元気に産声を上げてくれた時は「とにかく嬉しかったし、何があっても守る。」と思ったと話してくれました。
まさに、「奇跡の双子」だなと感じました。

そんな思いがあるから、子育ても前向きに頑張れるんですね。

私も山口家に密着した五日間で、初心を思い出しました。

「生まれてきてくれて、ありがとう。」
この気持ちを持つことで、我が家の双子にもとても優しくなれました。

子育ては、大変です。
でも、子供への向き合い方ひとつで、とてもHAPPYなものになる!

山口ママの子育てに密着した模様は、明日31日(日)のゼロいちで、たっぷりお伝えします。
私にとっても、10年間の仕事の中で、初の密着取材です。
全身全霊で取り組みましたので、ぜひご覧ください!

朝から夜まで いつも、いっちゃん★クイズウィーク
  • 月曜から夜ふかし
  • いっちゃん通信
  • KNB LINE 友達追加
  • いっちゃんクイズ
  • ZIP
  • つづく富山、えがく未来

↑ページ先頭へ