北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
めっぴ
ゆっちゅ
エチュー
日本海マリン ボート免許教室
めっぴ
ゆっちゅ
エチュー
日本海マリン ボート免許教室

採用情報

先輩からのメッセージ

吉田 颯人(よしだ はやと

報道制作局 報道制作部
吉田 颯人
『KNB・放送局を志望した理由、現在の仕事内容など』
県民に「安心」を届けたい。これが放送局を志した理由です。
「わかりやすいニュース」・「ホッとできる楽しい番組」・「視聴者や聴取者の意見を尊重している」…などローカル局は様々な形で幅広く安心を届けることができる。そして中でも県民から親しみのあるKNBであれば、私の思いをより実現できると考えました。
 記者は主に県内各地へ駆け回り取材をします。1日として同じ取材はなく、伝えるべき情報を考え、短時間で原稿をまとめなければなりません。知力に加え体力も必要なこの仕事は簡単ではなく、私自身、毎日が勉強の日々です。しかし、記者の仕事はその大変さ以上の面白さがあります。普段は立ち入れない工場の内部に入れたり、めったに会えない会社の社長と直接話せたりと、デスクワークでは味わえない激レア感が大きな魅力の一つです。そして何より担当したニュースが誰かに影響を与えられたときこそ最もやりがいを感じる瞬間です。

『KNBへ入社を希望する方へのアドバイス』
 ご存じの通り県内には複数の放送局があります。その中でなぜKNBを志望するのかを突き詰めて考えてみてください。この「なぜうちを?」系の質問はこの業界に限らずともよく聞かれます。ここをはっきりさせておくと、「自分自身の強みをこの会社でどう生かせるか」や「入社後に挑戦したいこと」などを話す際に説得力が増します。ちなみに私は土曜の5時間耐久ラジオのリスナー(通称:ゴタリス)で、5耐のようにリスナー参加型の企画が多く双方向性のある温かい番組をつくってみたいという思いを面接でぶつけました。結果、その熱意が伝わり(?)第一志望だったKNBへの内定が決まりました。
 就活はあなたが勤めたい会社を選ぶのと同時に、面接官も一緒に働く仲間を探す活動でもあります。コロナ禍での就活は苦労することも多いとは思いますが、落ち着いてうそ偽りのないあなた自身を伝えてください。応援しています!
エチュー