北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
めっぴ
ゆっちゅ
エチュー
これが日本最強のネタ
めっぴ
ゆっちゅ
エチュー
これが日本最強のネタ

8/20(火) きょうの天気

東部
29℃ -℃
西部
29℃ -℃
※※ 警報・注意報が発表されています ※※
 ラジオCMコンテスト

ラジオCMコンテスト

ラジオCM制作にあたって

Key point

課題をよく読む。
受験生用に書いているわけではないのですが、
つまりこういうことなのではないでしょうか。
ラジオCM制作でなくても、
その企業が今自社をどう捉えていて
CMにどのようなことを望んでいるかが
課題には書かれています。
頭の中に置いてみる。
知らないもののことは書けません。
課題を読んだら、企業や商品のことを知りましょう。
企業ならHPを見たり、商品なら実際に使ってみる。
馴染みあるところのCMを作る機会があったらラッキーですが、
先入観という魔物がちょっかいを出してくることがあります。
恋煩いかという程、頭の中に置いておくことをおすすめします。
とにかく出てきた言葉を書き出す。
出てきた言葉を書き出してみましょう。
パソコンや紙に書き出した言葉が、
企業や商品のCMになるかもしれません。
出てきたイメージ、単語、設定は書き留め、
今度は頭の中を一旦空っぽにしてみましょう。
空っぽにしても忘れられなかったものに、肉付けしていきます。
一本、最後まで書ききる。
20秒のラジオCMを完成させます。
文字だけで書いている一本ですが、
この時点で語り手の人物像に合う声質や効果音が
皆さんの中で決まっていると思います。
希望があればメモを書いておきます。
眠らせる。
ラジオCMの制作、お疲れ様でした!と
ここで終わるわけにはいきません。
集中して書ききったものは
ひとまず眠らせましょう。
自分も寝なければいけません。
冷静になったら、改めて読んでみましょう。
きっと気づくことがあります。
声に出して20秒。
応募する前に、声に出して
20秒のCMになっているかをチェックしましょう。
ゆっくり読むのか、早口で読むのか。
それだけで20秒の文字数も変わってきます。
ご自身の記憶に残るラジオCMの雰囲気を思い出してみたら
想像しやすいかもしれません。
応募しよう!
ここまでやってみたことも、手元に置いたままでは
誰の目にも触れずに終わってしまいます。
応募しましょう。
あなたの原稿を、届けましょう。
ひとつひとつ、しっかりと読んでいます。

今年もたくさんの力作をお待ちしております。



 審査員 

上野 賀永子氏(コピーライター)

1975年、富山県生まれ。1998年大阪芸術大学芸術学部文芸学科卒業。内向の世代作家・小川国夫氏に師事。詩の執筆の傍ら、河南文学(編集人 小川国夫、表紙 司修)の編集に携わる。現在、コピーライター、ライター、クリエイティブディレクターとして活動中。

<コピーライト>
「その情景はここにある」(映画『おおかみこどもの雨と雪』 山手線車両)
「後ろに、人は居るか」(2016HCC賞受賞作)
「海、土、里、人―made in,made by.」(富山ADCグランプリ受賞作)他