TOYAMA NEWS 富山のニュース

中学3年生の自殺受け臨時の校園長会

2022/11/24 11:43

 人間関係のトラブルを訴えていた富山市内の中学校に通う生徒が
自殺したことを受けて、富山市立の小中学校や幼稚園の校長らが集まり命の大切さにかかわる指導について再確認しました。

 富山市内で行われた臨時の校園長会には、94人の園長、校長が出席しました。

 はじめに宮口克志教育長が訓示を述べました。

 宮口克志教育長
 「身近な大人である教師が、命について人生について語れないといけない。生きる素晴らしさを伝えられたらこどもたちにヒントを与えられる」

 その後、命の大切さについて道徳の授業などで繰り返し指導すること、子どものささいな言動の変化を見逃さず、悩みの把握に努めること、組織的に絶えず情報を共有することなどを、全体で確認しました。
LINE
\ このページをシェアする /