TOYAMA NEWS 富山のニュース

25日も大雪警戒を 富山県内状況と影響は

2023/01/24 19:33

 県内は、24日夜から25日朝にかけて大雪のピークを迎える見込みです。

 24日午後6時現在、舟橋村を除く県東部と砺波市、南砺市に大雪警報が、海沿いの9つの市と町に暴風雪と波浪警報が出ています。各地の積雪は、午後5時現在、富山市で18センチ、高岡市伏木で5センチなどとなっています。25日の朝にかけて短時間で急に雪が積もるおそれがあり、24日午後6時からの24時間に予想される降雪量は、多い所で平野部が50センチ、山間部で80センチです。警報級の大雪となる地域が広がる可能性があり、大規模な渋滞や通行止めなどの交通障害をはじめ、ビニールハウスの倒壊など、農業施設への被害に警戒してください。また、冷え込みが厳しくなっていて、24日午後5時時点で、県内10すべての観測地点で氷点下となっています。25日の富山市の最低気温は、氷点下5度、最高気温は氷点下2度の予想で、真冬日となりそうです。寒さにより、水道管が凍結して破裂する恐れがあり、各地の水道局が「蛇口から少量の水を出すなどの備え」を呼びかけています。

 この雪の影響で、公共交通機関に乱れが出ています。JR西日本の高山線、あいの風とやま鉄道は24日のの最終電車を早めます。25日は、今のところ通常運転の予定ですが、雪の状況によっては運転取り止めの可能性があります。空の便も、あす1便の欠航を発表しています。また、高速道路や国道、県境をまたぐ県道で通行止めとなっています。今後発表される情報に注意してください。県境区委員会のまとめではこの大雪の影響で、25日は県内14市町村の小中学校、あわせて162校と、県立学校34校が臨時休校となりました。
LINE
\ このページをシェアする /