北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
めっぴ
ゆっちゅ
エチュー
日本海マリン ボート教室
めっぴ
ゆっちゅ
エチュー
日本海マリン ボート教室

8/18(日) あすの天気

東部
32℃ 25℃
西部
32℃ 25℃

ふるさと富山の人や物、風習や文化をドキュメンタリーでお届けします。

わろて生きてかんまいけ

8月15日(水)夕方3時55分~4時50分
「わろて生きてかんまいけ」

 県内で活動するアマチュア落語家・越中家漫欽丹こと桶屋欽一郎さん。(81)
 子どもの頃ラジオを通じて興味をもった落語を、定年退職を前にして始めた。富山弁たっぷりの落語で笑わせ、いまでは独演会に500人も詰めかける人気者である。
 茶目っ気たっぷりの笑顔とキャラクターで人々を惹きつける魅力を持つ漫欽丹さんだが、忘れられない過去がある。1945年8月2日の富山大空襲。小学3年生だった漫欽丹さんは家族と焼夷弾をかいくぐり、神通川の河川敷で地獄絵図を見た。 今は自分が体験した惨状を次の世代に伝えるため市内の小学校や自らの落語会で空襲を語り継いでいる。
 そして、2011年3月に起きた東日本大震災。津波にさらわれた被災地と、幼いころ見た焼野原になった富山市が重なった。家族と街を失った多くの被災者のために何かしたい、自分にできることはないのか?「どんな時も笑いが必要」と被災地をこれまで60回以上訪れ、笑いを届けるボランティアを続けている。
 つらいときもそうでないときも心に笑いを。漫欽丹さんは山あり谷ありな人生を笑って生きるヒントを教えてくれる。

  • KNB投稿BOX
エチュー