北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
めっぴ
ゆっちゅ
エチュー
北陸コンサルタント
めっぴ
ゆっちゅ
エチュー
北陸コンサルタント

アナウンサーブログ

リモートの2月

2021/02/27
この2月はリモートでのやりとりが印象的なひと月でした。

今月上旬、リモートでの研修に参加し多くを学びました。
関東・中部地方の日本テレビ系列の仲間とともに
研修を受け、刺激を与えられたいい機会でした。
そして、今月は初めて海外とのリモート取材ができた月でもありました。

2011年2月22日に起きた
ニュージーランド地震の際、
被害の激しかったCTVビルで救助活動に当たった男性に
リモートでのインタビューを行いました。
この地震では富山外国語専門学校に関連する、
13人の方々も亡くなっています。


インタビューの最後に見せてくれた笑顔とサムズアップです。


この男性、Kris Baines(クリス・べインズ)さんは
ニュージーランド・オークランド在住の、
牧師かつミュージシャンです。
地震から10年の節目の今年、
追悼の曲「From the Rubble(がれきの中から)」を制作し、
ミュージックビデオをYouTubeにアップしました。
https://www.youtube.com/watch?v=oDfpYrSSiVQ

クリスさんのホームページです。
https://www.krisbaines.com/

このニュース企画のページです。
https://www.knb.ne.jp/nnn/news101tc2nh91fkc8a6btf.html


インタビューの中でクリスさんは
当時の救出活動についてつぶさに語ってくれました。
そして、「がれきの中から」というタイトルについて
がれきの中からたくさんの悲劇が生まれたけれども、
その一方でがれきの中から生き延びた方々には前向きな絆も生まれた。
悲しみを表現するだけでなく、前向きなものにしたいという思いから
こう名付けたと熱心に話してくれました。

このコロナ禍で富山に住む遺族の方々が現地を訪れられないことに対しては
とても残念に思い、自分が同じ状況と考えるととても心苦しい、
こんな状況だからこそ、亡くなった方々、
そして遺族の方々に捧げたこの曲を聴いてもらいたいと話していました。


また、音楽は言語を超えた力をもつ特別なものだ、
違った言語を話す人ともつながることができる
という彼の言葉がとても印象的でした。
言葉を使った仕事に従事する者のはしくれとして、
そんな力を広げていくような言葉が紡いでいければ、
と思わされた瞬間でした。


改めて、犠牲者の方々のご冥福をお祈りします。
  • ことばの泉
エチュー