北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
めっぴ
ゆっちゅ
エチュー

10/18(月) きょうの天気

東部
18℃ -℃
西部
16℃ -℃

アナウンサーブログ

ホンワカパッパって感じです!!

イベント 2018/03/28
昨日富山市で桜の開花宣言が発表されるなど、最近は春らしい暖かい日が続いていますね。
穏やかな気候のせいか、ここ数日は予定時刻にちゃんと起きることができず、寝過ごしてしまうこともしばしば・・・春眠暁を覚えずとはよく言ったものです。

毎朝のように「もうちょっとだけ寝たい。このまま時間が止まったら、巻き戻せたらいいのになぁ」と馬鹿げたことを何歳になっても考えてしまいます。
無茶な願望を現実に・・・そんなとき誰もが一度は妄想したことがあるのではないでしょうか。「ドラえもんが自分の家にいてくれたらいいのになぁ~」と。
小さなころからずっと、夢のような世界を見せてくれるドラえもん。
そんなドラえもんのまだ見ぬ魅力を発見できる企画展がいま富山で楽しめるって知っていますか?



それが高岡市美術館で開催している【THE ドラえもん展 TAKAOKA 2018】
今月16日から始まったこの企画展ですが、わたしは「いっちゃん!KNB」や「でるラジ」での中継、プライベートも合わせるとすでに6回は足を運んでいます。(KNBアナでは恐らく最多。笑)
平日、休日どちらも足を運びましたが、やはり休日は特ににぎわっていますし、
最初のころに比べると、春休み中の子どもたちの姿もだんだん多くなってきたなーと。
もし平日に時間を作れるという方がいれば、そちらのほうが落ち着いてゆっくり作品を見ることができると思います。(個人的にも、作品は隅から隅まで眺めるのがおすすめです!)

このTHE ドラえもん展では、日本を代表するアーティスト28組が作品を展示。
参加しているのは、24時間テレビのチャリTのデザインを手がけたアーティスト・村上隆さんや教室の黒板に描いた絵がSNS上で大きな話題になったアーティスト・れなれなさんなど、みなさん第一線で活躍する方たちばかり。
「あなたのドラえもんを作ってください。」という依頼にこたえて、思い思いのドラえもんを表現しています。
小さなころから思い描くドラえもんの世界を回想させ、没入させてくれるもの。
いままで抱いていたドラえもんのイメージを見事に打ち破っているものなどさまざまで、難しく考えるよりも、直感で楽しめる作品が多いかもしれません。
私自身、会場を進むにつれて小さなころから親しんでいたドラえもんの思い出がよみがえってきて、すべての作品を堪能した後は、ついつい誰かと一緒にドラえもんについて語りたくなってしまいました。




春本番、出かける機会も多くなってきました。5月6日まで開催されている【THE ドラえもん展 TAKAOKA 2018】
出会いの季節のいま、高岡市美術館でまだ知らない新たなドラえもんに出会ってみるのはどうでしょうか。


p.s. 小さなころ何度も聞いていたドラえもんの主題歌「ぼくドラえもん」。
歌えるけど知らない歌詞に出てくる「ホンワカパッパ」の意味。
そもそも今の子どもたちはこの歌知ってるんだろうか・・・と時の流れの速さを痛感しています。
  • ことばの泉
エチュー