北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
めっぴ
ゆっちゅ
エチュー

10/18(月) きょうの天気

東部
18℃ -℃
西部
16℃ -℃

アナウンサーブログ

富山マラソンから学んだこと

日記 2018/10/29
今年も富山マラソンが終わりました。

出場されたランナー、
そしてボランティアの皆さん、
沿道でパフォーマンスやハイタッチで応援して下さった方々
皆さん本当にお疲れさまでした!!

今年も小雨がぱらついたり
向かい風の中、新湊大橋を登るのはきつかったです。
でも、ピンチは35キロ付近に訪れました。

舌が痺れ、まっすぐ走れなくなってきたのです。
「倒れる前触れか?」
と怖くなって、給水所でも救護所でもないのに
関係者ジャンパーの方の元へと駆け寄りました。

「救護所は800m先にあります。水は飲みましたか?」
と優しく声をかけて下さった女性ボランティアの方。
とっさに
「温かいお茶で良ければ飲みますか?」
と、ご自身の水筒の飲み口を差し出してくれました。
走っていても肌寒い中、じっと大会を見守り続けるのも大変なことです。
自分の体を温めるために自宅から持ってこられたのでしょう。
私はその言葉に涙が出そうになりました。
そして、その一口のあったかいお茶で、私の舌は感覚を少し取り戻すことができました。
お名前も分かりませんが
本当に感謝しています。

この大会は、ランナーの頑張りだけではなく、
大会準備から全てが終わるまで
本当に大勢の方の力と真心で成り立っているのだと実感しました。

・・・まぁその後、1キロほどしてから
今度は股をつってしまい(ホント、どーしようかと焦りました。)
不調の原因は自分の体力に見合わないペースで走りすぎたことだと分かったのですが。

今年は
「もうダメかもしれない」と思うことが何度もあったので
ゴールが見えたときは本当にほっとしたなぁ。


今朝は起き上がるのも階段を降りるのもしんどいのですが
あんなに「リタイア」の4文字が頭に浮かんでいたくせに
「来年は時間をかけて脚づくりだ!」
と、新たな目標を立てた私です。

声を交わした皆さんも、
また来年お会いできるといいですね。
本当にありがとうございました。
  • ことばの泉
エチュー