北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
NHK・民放連 共同ラジオキャンペーン「 #スマラー 」

サイト内検索

立山ニュースファイル

夏の立山 秘境・仙人池

2015/08/14 14:18 現在
夏の北アルプス、 立山の絶景をお届けしています。

14日はこちら、秘境・仙人池から、KNB立山取材班が史上初めての生中継でお伝えします。

武道さん!

今、ご覧いただいているのは剱岳です、が、私たちがいつも平野部から見ている剱岳とは違った形にみえます…と言いたかったのですが、残念です。

さきほどは少し顔をのぞかせていました。

こちらの方向に剱岳があって晴れていれば「裏剱」や水面に映る「逆さ剱」などの絶景を見ることが出来ます。

そしてこれまでにKNBが撮影したきた美しい映像をご覧ください。

標高およそ2100メートルの仙人池は一周が50メートルほどの小さな池ですが木々に囲まれていて趣があるんですよ。

毎年多くの登山客やカメラマンが十数時間かけて訪れる絶景ポイントなんです。

そんな場所だけにこれまでは中継機材を持ち込むことが難しく、生中継することができませんでした。

今回私たちが生中継に使っているのが、KNBが導入した「ポータリンク」という、最新鋭の衛星通信機器です。

従来のものより小さくて軽く、持ち運びが可能なため、なかなか人が足を踏み入ることができないこうした秘境中の秘境でテレビ史上初めての生中継ができるようになったんです。

私たちは14日この仙人池まで6時間かけてやってきました。

実は、13日生中継した標高2755メートルの剱御前小舎を14日午前4時に出発し、剱岳山頂を目指そう!と思っていたんですが、天候が悪く断念しました。

14日一日の様子をまとめましたので、ご覧ください。

14日午前3時すぎ山岳ガイドの佐伯岩雄さんと剱御小舎を出てみるとやや強い風が吹き雨も降っていました。

「視界が全然無い剱岳の登頂は厳しいと思う」「山登りは安全でないと駄目なので」

岩場の多いルートは足が滑って危険だということで実は山頂アタックを断念したんです。

「行ってきます」

そこで仕切りなおして午前7時。小舎を出発。予定とは別の迂回ルートで仙人池を目指しました。

途中、アイゼンを付け、広大な雪渓を一時間あまり下ります。

「雪渓がすごい迫力ですね」「ここは日本でも屈指の剱沢雪渓です。もうちょっとがんばりましょう」

「この先で吊橋を渡ったら、あとは上りになります」「ゆっくりゆっくり」

「下を見ると怖い。高所恐怖症なんです」

体力が消耗して喉が渇きますがその時は沢の水で喉を潤します。

この清流がやがて黒部川に注ぎ富山の名水となっています。

そして沢から最後の力をふりしぼってきつい上り坂を登ること2時間。

緑の山の稜線に見えたのが赤い屋根の山小屋、仙人池ヒュッテです。

「お疲れ様でした。仙人池ヒュッテに着きました」

出発から6時間あまりかけて無事仙人池へと到着しました。

こうしてようやくたどりついた仙人池。

14日も多くの登山客がカメラを構えていました。

今回私は初めて、この仙人池を訪れたわけですが、これまで見たことのない神秘的な風景。どう言葉に表していいのかわからないような瞬間にたくさん出会いました。

ふるさと富山にはまだこんな場所がたくさんあるんだということを実感しました。

でも、私たちはまだ達成していないことがあります。

剱岳登頂ですね、

15日は天候が回復しそうですね。

はい、予定を一日延ばしてチャレンジします。

15日剱岳山頂を目指して、16日下山する予定です。

来週はお伝えし切れなかった分もあわせて夏の立山の魅力を たっぷりお届けします。
フォトブック 旬景とやま 発売中!
  • ヘッズアップ!
  • いっちゃん通信
  • いっちゃんクイズ
  • KNB LINE 友達追加
  • YouTube KNB 公式チャンネル
  • ZIP

↑ページ先頭へ