北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん

サイト内検索

KNB歴史都市高岡キャンペーン

歴史都市高岡

高岡漆器   歴史都市高岡の伝統と文化

 高岡漆器も高岡開町と同時に始まったとされている。
 代表的な塗りの技法は彫刻塗、勇助塗、青貝塗の3種類。彫刻塗は、木彫堆朱、堆黒などによる雷紋や亀甲の地紋の上に草花鳥獣、青海波、牡丹、孔雀などを彫りだしたものが多く、立体感と独特な艶が表現できるのが特徴。その代表的なものは高岡御車山に見ることができる。
 勇助塗は中国、明時代の漆器の研究を重ねて生みだした技法。唐風の雰囲気をもつ意匠に花鳥・山水・人物などの錆絵や箔絵を描き、要所に青貝、玉石などを施すなどの総合技法によってつくりだされる。繊細で雅趣に富んだ作風が特徴。
 青貝塗は鮑などの貝を削って三角形や菱形の細片をつくり、これを組合わせて山水・花鳥を表現する技法。使用する貝は飽貝のほか夜光貝、蝶貝、孔雀貝などの種類がある。いずれも貝特有の真珠色が漆の色艶とよく調和し、独特な昧わいを醸しだしている。

高岡漆器

↑ページ先頭へ