北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
高校生クイズ

サイト内検索

KNBニュース

民泊新法があす施行、県内の参入事情は

2018/06/14 18:38 現在

小矢部市安楽寺にある住宅の離れを使い民泊を始める
小矢部市安楽寺にある住宅の離れを使い民泊を始める
住宅宿泊事業法=民泊新法が15日施行され、一般住宅に有料で旅行者らを泊める「民泊」の営業が可能になります。

県内で今日までに届け出があったのは7件。この「民泊」営業の準備を進めていた小矢部市の女性を取材しました。

石川県との県境に近い山あいの小さな集落、小矢部市安楽寺にある住宅の離れです。

14日、県から届いた民泊の「届出済み」の標識が貼られました。

「ほっとしています、頂けてうれしいです」

この家に住む 服部容子さん(63)です。

15日からこの離れを使い民泊を始めます。

民泊とは、一般住宅やアパートの一室などを宿泊向けに貸すもので、料金の安さなどから外国人観光客などに人気です。

この民泊をめぐって宿泊者と地元住民とのトラブルを防いだり、東京オリンピックに向けた宿泊施設不足に備えるなどの狙いから、国は、民泊を行う事業者に届け出を義務付ける住宅宿泊事業法=いわゆる民泊新法を15日から施行します。

服部さんは定年退職後、自宅の空き部屋の有効活用を図りたいという思いなどから、離れの6畳間を使い民泊を始めます。

この家の民泊では料理は出さず、利用者が自炊できるよう、簡易キッチンや長期滞在者のための洗濯機も備えています。

県境の幹線道路沿いにあることから金沢など周辺への観光客の利用を見込み、その多くが外国人と予想しています。

気持ちよく利用してもらおうと英語の標記も整えました。

いまの時代には欠かせないWi・Fiも。定員は3人で料金は1人一泊3000円、2人めから2000円です。

服部さんは届け出を前に3月下旬から消防の査察などの手続きや利用者の安全確保のための避難経路の表示、そして周辺住民へ「民泊を行う」ことの周知を図るなど必要とされる手続きを進めました。

「明日から民泊を始めますので」

服部さん「手続きが煩雑だったためいっそのこと止めようかなと思いました」「部屋を整えて、いらした時には気持ちよく笑顔で、ようこそという気持ちでお迎えしたいと思っています」

民泊施設の届け出は14日現在、県内で 7件にとどまっています。

届け出の煩雑さに加えて年間の営業日数が180日に限られるなど、採算が合うのか全国的にも慎重になる事業者が多いといいます。

外国人観光客受け入れのカギになるともいわれる民泊。定着するかどうか見極めには時間がかかりそうです。
ジョブキッズ2018
  • TGC
  • いっちゃんクイズ
  • いっちゃん通信
  • KNB LINE 友達追加
  • KNBダイナミックナイター
  • ZIP

↑ページ先頭へ