北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
いっちゃん☆KNB

サイト内検索

KNBニュース

部活動指導員、指導員の活動と課題

2018/06/13 15:10 現在

 教員に代わって部活動を指導
教員に代わって部活動を指導
教員の長時間労働が県内でも問題となる中、その理由の一つとされるのが部活動です。

取材は中島キャスターです。

部活動の指導を、教員に代わって行う部活動指導員の活用が今年度から県内でも始まっています。

指導員の活動の様子と課題をお伝えします。

「ここに手をまわして・・」

富山市の速星中学校柔道部で部活動指導員を務める山内利光さん、67歳。

市内で武道用具の店を経営する、柔道経験者です。

部活動指導員は、文部科学省が定めた制度で今年度県内でもスタートしました。

週3回、およそ2時間ずつ部活動を指導します。

部活動では、これまでも外部の指導者がいるケースはありました。

しかし部活動指導員は、単独での指導が認められているほか大会に生徒を引率することもできます。

富山県では今年度、県立高校10校に1人ずつ、中学校は手続き中の学校も含めて34校に37人が配置されています。

指導員に任せて先生退室「それではお願いします」

部活動指導員に指導を任せることで、教員は授業の準備や会議など、ほかの業務にあたることができます。

柔道部顧問!「(柔道は安全上)生徒をしっかりと見てあげないとだめなスポーツなんですけど(部活動指導員が入って)仕事の負担が軽くなった」「(日に)1時間ほど削減されている」

県教職員組合が昨年度、組合員である教職員1717人から回答を得たアンケートでは、中学校の教諭の時間外労働は月平均で106時間にのぼりました。

また日本体育協会の調べでは、運動部の指導にあたっている教員のうち、保健体育以外の教員では、担当している部の競技経験がない人が半数ちかくにのぼっていました。

部活動の問題を取り上げた著書「ブラック部活動」で知られる名古屋大学の内田 良准教授は改善すべき点が多いと指摘します。

内田准教授「ある意味ド素人の先生の元で子どもたちが土日も含めてずっとそこで部活動をやっているのはあまり健全な状況とは言えませんよね」「部活動がすごく巨大化してしまったのでサービスを小さくしながら先生や地域住民で一緒に回していくと、そういった設計が必要だと思います」

速星中学校柔道部は顧問、副顧問ともに柔道経験者でなかったこともあり、有段者の山内さんに部活動指導員を依頼しました。

柔道部指導員山内さん「地域にこういう技術もっておいでる方がおいでるので、部活動にどんどん参加していただければ、先生方の働き方改革ですとかそういったことも改善されるし、地域も学校も明るくなるんじゃないですかね」

柔道部員「山内さんは経験豊富で教え方もわかりやすい」

部活動指導員は文化部にも配置されています。

速星中学校の吹奏楽部では、フルート経験者の緒方里珠さん23歳が80人の部員を指導しています。

顧問の教員と緒方さんは指導方法や練習のスケジュールなどを話し合います。

吹奏楽部顧問「仕事量が多いので部に行けない時間を見てくれているのが助かっています」

各学校でスタートした部活動指導員ですが、課題は人材の確保です。

各学校が部活動指導員を探さなければならず、教員OBや学校関係者、知人などの中から引き受けてくれる人に依頼しているのが現状です。

岩田教頭「平日の夕方にきていただける方が見つからないのも現状。本来であればもっといろんな部活動に部活動指導員で入っていただけると現場としては助かる」

全国的には部活動指導員の人材バンクを作った自治体や、人材派遣会社が紹介サービスを始める動きも出ています。

部活動指導員が定着するかどうか、県内でもこれからの取り組み次第です。

指導員が必要な部活動にうまく配置できる仕組みづくりが大切ですね。

はい、そして部活動をめぐっては休みを拡大する動きも出ています。

県教育委員会は、ことしから原則として週2日以上の休養日を設けるように県立高校や各市町村の教育委員会に通知を出しています。

教員の負担軽減と競技力の維持・向上をどう両立させていくか、効率的な練習など、取り組むべき点は多いと思います。
ジョブキッズ2018
  • TGC
  • いっちゃん通信
  • KNB LINE 友達追加
  • いっちゃんクイズ
  • KNBダイナミックナイター
  • ZIP

↑ページ先頭へ