北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
ちょこミラ

サイト内検索

KNBニュース

県議会、「二度とあってはならない」

2018/06/13 18:09 現在

県議会代表質問
県議会代表質問
県東部の中学校に勤務していた男性教諭が過労死と認定されたことが先月、明るみになったのを受けて石井知事は、13日の県議会で「二度とあってはならない」と繰り返しました。

一方、教員の勤務時間を客観的に把握するための「タイムカード」の導入について渋谷教育長は慎重な姿勢を示しました。

これは、13日の県議会代表質問で社民党・無所属議員会の菅沢裕明議員が質問しました。

菅沢議員「過労死に至る経過を検証し、再発防止に向けて教訓化し、再発防止策を徹底して講じていくことが求められていると考えます」

石井知事「教育現場で高い志や情熱を持って頑張ってこられた教員が、いわゆる過労死ということになりましたのは誠に残念で、痛恨の極みであり二度とあってはならないことと思っております」「何より重要なことは、今回のようなことが二度と起きないように、教職員の働き方改革、多忙化解消を確実に推進していくことと考えております」

石井知事は、今年度導入した部活動指導員などの活動を通して、教員の多忙化解消に向けた取り組みを進めると述べました。

一方、渋谷教育長は隣りの石川県では去年から取り組みを始めているタイムカードなど客観的な勤務管理システムの導入については「去年導入したパソコンを活用する出退勤・業務内容管理の自己申告方式での取り組みをまずは進めていきたい」と述べ、慎重な姿勢を示しました。
ジョブキッズ2018
  • TGC
  • KNB LINE 友達追加
  • いっちゃん通信
  • いっちゃんクイズ
  • KNBダイナミックナイター
  • ZIP

↑ページ先頭へ