北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
富山のしごと・くらしアピール事業

サイト内検索

KNBニュース

福井の国道で県人が雪に埋まった車内で死亡

2018/02/09 11:41 現在

 雪に埋もれた軽乗用車の中から運転席で仰向けとなっている男性を発見
雪に埋もれた軽乗用車の中から運転席で仰向けとなっている男性を発見
記録的な大雪となった福井県内の山沿いの国道で、7日の夜、雪に埋まった車の中から富山県内に住む19歳の男性が遺体で見つかったことがわかりました。

死因は一酸化炭素中毒とみられ、車が雪に突っ込んで動かなくなり、排気ガスが車内に入り込んだものと見られます。

「こちらの車の周りには私の膝の高さほどの雪が積もっていて、排気口の周りを見てみますと高く雪が積もっています」

男性の遺体がみつかったのは、福井県坂井市丸岡町の山あいを走る国道364号線です。

福井県警坂井警察署の調べによりますと、7日午後6時40分ごろ、道路を除雪していた作業員が、雪に埋もれた軽乗用車の中で運転席を倒して仰向けとなっている男性を発見しました。

男性は富山県に住む19歳の会社員で、まもなく死亡が確認されました。

死因は一酸化炭素中毒で、車の排気ガスが車内に入り込んだものとみられます。

現場には立ち往生した跡が残っていて、発見された時はエンジンが切れた状態でした。

この男性は、福井県を通って富山県の自宅に戻る途中でした。

発見される9時間ほど前のおととい午前9時半ごろに、本人が110番通報し、「午前0時頃に車が雪山に乗り上げて動けなくなった。ガソリンが半分くらいしかない」と救助を求めていました。

警察は、近くで別の立ち往生があり、合わせて土木事務所に除雪を要請しているので救助を待つよう伝えたということです。
フォトブック 旬景とやま 発売中!
  • いっちゃん通信
  • YouTube KNB 公式チャンネル
  • KNB LINE 友達追加
  • いっちゃんクイズ
  • ZIP
  • 駅北ルミエ

↑ページ先頭へ