北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
健康経営シンポジウム

サイト内検索

KNBニュース

大雪、通勤や物資の輸送に大きな影響

2018/01/12 19:26 現在

 各地で渋滞が相次ぎ通勤や物資の輸送に大きな影響が出た
各地で渋滞が相次ぎ通勤や物資の輸送に大きな影響が出た
11日からの大雪では、高速道路のほかにも交通機関や学校など私たちの暮らしに大きな影響が出ました。

12日一日を振り返ります。

早朝の富山市内です。

車が、ナンバープレートが隠れるほどの雪で動けなくなっていました。

動けなくなった車の運転手は「もう1時間半ぐらいだろどうしようもない」

一方、射水市でも地元の人が朝から雪かきに汗を流していました。

雪かきの男性「車出られんからね、仕事、会社に断って、きょうは雪のために頑張りますということで…」

「横断歩道もツルツルの状態です」

路面は積雪に加えて冷え込みで氷のようになり県内各地でスリップ事故が発生。車が立ち往生するなどして国道や県道など幹線道路でも各地で渋滞が相次ぎ、通勤や物資の輸送に大きな影響が出ました。

「国道8号線です。午前10時近くとなったいまも大渋滞となっていて車がノロノロ運転を続けています」

公共交通機関にも影響が出ました。

「あいの風とやま鉄道では現在、全線で運転を見合わせています。」

あいの風とやま鉄道は始発から5時間余りにわたって全区間で運転を取りやめ、その後のダイヤにも乱れが出ました。

乗客「いつになったら来るんですかね」

女性「会社に行きたいです」

また、JR氷見線は始発から午後2時ごろまで運転を見合わせました。

運転を再開した後も伏木駅近くでは列車が動かなくなり、作業員が除雪にあたったほか、乗客をタクシーで代替輸送するなどしました。

城端線は始発からおよそ12時間、運転を見合わせました。

また関西、名古屋方面と金沢を結ぶ特急列車は44本が運転休止となりました。

高岡と射水を結ぶ万葉線も、始発からすべての区間で運転見合わせが続いています。

また、北陸電力によりますと、午後5時半現在、高岡市でおよそ100戸、氷見市でおよそ240戸が停電しているということです。

一方、学校も休校が相次ぎました。

高岡市や射水市など県西部4つの市の小・中学校と特別支援学校合わせて68校と26の県立学校、それに私立の中学と高校合わせて7校が休校となりました。

このほか合わせて23校で、始業時間を遅らせました。

また、交通網がまひしたため、県内のスーパーやコンビニエンスストアでは、商品が入荷せず、陳列棚には空きが目立ちました。

富山市の大阪屋ショップ城川原店では、県外の業者を中心にパンや総菜、加工食品など入荷が遅れる商品が相次ぎました。

通常、午前7時までに入荷するカット野菜は、午後になっても入荷のめどが立たず、野菜が高騰している時期だけに客からの問い合わせもありました。

大阪屋ショップ 根建修店長「カット野菜の方が一番入荷が遅れています。そのほか県外からの商品が遅れていると…」「通常(雪で)入らないのは 2、3アイテムなんですけど、10から20のアイテムがきょうは入ってきていない状態」

この店では、午前10時に通常通り開店しましたが、従業員の出社が遅れ、駐車場の除雪にも追われるなど影響が出ました。
フォトブック 旬景とやま 発売中!
  • いっちゃん通信
  • いっちゃんクイズ
  • KNB LINE 友達追加
  • YouTube KNB 公式チャンネル
  • 駅北ルミエ
  • ZIP
  • 決壊~祖父が見た満州の夢~

↑ページ先頭へ