北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
健康経営シンポジウム

サイト内検索

KNBニュース

北陸道で100台立ち往生

2018/01/12 19:14 現在

立ち往生は12日午後3時すぎようやく解消した
立ち往生は12日午後3時すぎようやく解消した
この雪の影響で北陸自動車道では、富山県と石川県の県境区間で、11日夜からトラックなどが立ち往生し、上下線で12日午後まで最大およそ410台が動けなくなりました。

北陸自動車道は、11日午後10時ごろから小矢部インターと金沢森本インターの間で車が立ち往生し始めました。

現場付近の路面は圧雪の状態で、新潟方面へ向かう下り線は午後10時すぎに260台、金沢方面へ向かう上り線は、午後11時40分ごろ160台の合わせて最大およそ410台が動けなくなりました。

「こちらは石川県と富山県の県境のあたり北陸自動車道では車が立ち往生し奥まで連なっています」

中日本高速道路は、12日午前2時ごろから水や食料、簡易トイレを配布したほか、夜通し、自立走行ができない車を1台ずつ、けん引して、トラックなどを救出しました。

「北陸自動車道小矢部インターチェンジ前です、高速で一夜を明かした車が少しずつ出口から出てきています」

男性「昨夜9時に金沢から乗って 今降りました」「途中で事故になった車があって事故処理が終わったけど雪で動かなくなった」

女性「Q食事はとれました?」「とれない水だけ飲みました」

トラック運転手「疲れました、疲れました」

立ち往生は、12日、日中も続きましたが、車が動けなくなり始めてから17時間が経過した12日午後3時すぎ、ようやく解消しました。

一体なぜ車が動けなくなったのか、理由について中日本高速道路はー。

中日本高速道路金沢支社、中西栄一さん「現場は上り坂」「上り坂では速度が遅くなりいったん停まって再度出発する時に空回りしてのぼりにくくなる」
フォトブック 旬景とやま 発売中!
  • YouTube KNB 公式チャンネル
  • いっちゃん通信
  • いっちゃんクイズ
  • KNB LINE 友達追加
  • ZIP
  • 駅北ルミエ
  • 決壊~祖父が見た満州の夢~

↑ページ先頭へ