北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
ファイター!

サイト内検索

KNBニュース

県西部の海沿いを中心に大雪

2018/01/12 18:28 現在

道路脇の側溝に転落して死亡しているのが見つかる
道路脇の側溝に転落して死亡しているのが見つかる
富山県内は11日夜から12日朝にかけて高岡市など県西部の海沿いを中心に大雪となり一時は大雪警報も出されました。

北陸自動車道で車が多数立ち往生するなど交通機関が大幅に乱れ、学校も休校するなど私たちの生活に大きな影響を及ぼしました。

雪は、13日 昼過ぎから再び強まるおそれがあります。

11日夜から12日朝にかけてのまとまった雪は、午前中のうちには小康状態となりました。

県内全域に出されていた大雪警報は、午前中にすべて解除されました。

今回の雪は県西部の海沿いを中心に強く降り、午後6時現在の積雪は高岡市伏木で79センチ、氷見市で53センチ、砺波市で40センチ、富山市で49センチなどとなっています。

「積雪が80センチに達した高岡市の伏木です。除雪された雪が人の背丈ほどに積み上がっています」

住民「ひとり暮らしの母親がいるので車を止めるところを除雪しに来た」

高岡市や氷見市では、11日夜から12日朝までに40センチ以上、富山市でも30センチ以上の雪が新たに積もりました。

この雪の中、南砺市祖谷では、12日午前7時半頃、近くに住む会社員、村中武志さん(46)が道路脇の側溝に転落して死亡しているのが見つかりました。

村中さんは、11日夜、地元の会合に出たあと帰宅しておらず、知人が捜していました。

側溝は幅38センチ、深さ52センチ、水深は16センチで、現場付近は11日から、およそ20センチの降雪がありました。

村中さんに目立った外傷はなく、警察は司法解剖などで死因を調べることにしています。

また、砺波市で、11日、除雪中に転倒した30代の女性が右足に軽いけがをしました。

さらに12日、南砺市では除雪中の50代の女性が手に軽いけがをしました。
フォトブック 旬景とやま 発売中!
  • いっちゃんクイズ
  • いっちゃん通信
  • YouTube KNB 公式チャンネル
  • KNB LINE 友達追加
  • ZIP
  • 駅北ルミエ
  • 決壊~祖父が見た満州の夢~

↑ページ先頭へ