北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
朝生ツアー

サイト内検索

KNBニュース

「ミラスタ」、男子短距離有望株福島聖選手

2017/09/14 18:08 現在

富山商業高校陸上部3年、福島聖選手
富山商業高校陸上部3年、福島聖選手
未来のスターとして期待される県内のジュニアアスリートを紹介しているシリーズ「ミラスタ」です。

注目のスプリンターで、高校ナンバーワンに輝いた選手です。

富山県勢として初の優勝、先月の高校総体で快挙を達成したのは富山商業高校陸上部3年、福島聖選手。

「カーブが終わるあたりでトップに立って、最後はちょっと抜け出して逃げ切るという形になったんですけど、自分が思っていた以上に走れたのでよかったなと思います」

男子200メートルで自己ベストを0.07更新する21秒04を記録しました

持ち味は、中盤から終盤にかけての粘り。終盤でもトップスピードを維持しながら駆け抜けていきます。

トップスピードを保つために必要なのは地面を蹴る力。ハードルを両足で軽々と飛び越えていきます。

高校最後のインターハイ、 200メートルでは輝かしい成績を収めた一方で得意の100メートルでは悔しい思いを。

「その日は調子が良かったので3位という結果はものすごく悔しくて」

練習でも力を入れていた100メートルは10.64。自己記録に0.3秒及ばない納得のいかない結果となりました。

現在はインターハイで課題が残ったスタートの練習を重点的に行っています。

0.1秒を争う中では、スタートの手の位置数ミリや、体の角度、数度がタイムに大きく影響します。

自分に合ったスタートは何か、模索の日々が続きます。

福島選手「肩の位置とかでもだいぶ出方とか、体の角度とかも変わってくるのでそこもしっかりと気を使って構える練習だったりとか細かく練習しています」

さらなる高みを目指す福島選手。 憧れの選手は・・・

「先日100メートルで9秒台を出されました、桐生祥秀選手です」

桐生選手は、今月9日、福井県で行われた大会で、日本人初の10秒の壁を破る、9.98で優勝。

日本人新記録を打ち立てました。

「自分が先に出したいという思いもあって悔しい思いがあったり、まだまだ全然実力は違うんですけど、刺激になる選手でした」

いつかは自分も9秒台を出したいと意気込む福島選手。

目標は東京オリンピックです。

「いま一番目先の目標が3年後の東京オリンピックです。日本でやる自分にとって一生に一度の経験になると思うので、やっぱりそこに出ることはものすごく価値が高いと思っています」

福島選手は来月、高校最後の大会となる国体に100メートルで出場します。

自己記録に向けて頑張ってほしいです。
ジョブキッズ おしごとチャレンジ中!
  • グラチャン応援キャンペーン 第2弾
  • いっちゃん通信
  • KNBダイナミックナイター
  • KNB LINE 友達追加
  • いっちゃんクイズ
  • ZIP

↑ページ先頭へ