北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
とれたてワイド朝生!

サイト内検索

KNBニュース

県産食材で作る西洋料理コンテスト

2017/06/19 15:23 現在

サクラマスと白エビ、県産野菜を使ったフランス料理
サクラマスと白エビ、県産野菜を使ったフランス料理
県内の若手料理人が県産食材で作る西洋料理のコンテストが19日、富山市で開かれ、参加した23人が皿の上の芸術を競いました。

「目にも鮮やかなフランス料理が並んでいます」「どれもおいしそうですね。実はどの料理にもサクラマスと白エビ、県産野菜が使われているんですが、こんなにも個性豊かな表現ができるんですね」

「プラ・ドゥ・ジュール」つまりフレンチの「本日お勧めの一皿」を審査するコンテスト。全日本司厨士協会富山県本部が若手の西洋料理人を育てるために27年前から毎年行っています。

今年は、県内のレストランで働く20人と、雄峰高校調理専攻科の生徒3人が参加し、「サクラマスと白エビ、県産野菜を使った温かいフランス料理」をテーマにそれぞれ一人一皿ずつ出品しました。

審査では、北陸3県の料理長らがレシピをもとに、実用的で食欲をそそるか調理方法が正確かなど、5つの基準で厳しくチェックします。

審査の結果、最優秀賞の県知事賞は去年に引き続き、とやま自遊館の川原温奈さん(24)が選ばれました。

料理の題名は「プレジール」。富山の自然を表現しました。

川原さん「サクラマスの緑の部分は山とか、ソースの流れは川とか、付け合わせは花びらとかをイメージしました。プレジールは楽しみとか喜びという意味で、楽しんで召し上がっていただけたらと思っています」

全日本司厨士協会県本部、渡辺徹会長「女性の活躍が強い、最近思うのは。いい感性を持って料理を作って いますね。今は地方色豊かに料理を作っていかないと評価も出ませんし、世界に向けていろんな料理を表現していただきたいですね」

川原さんは、来年2月に開かれる全国大会の切符をかけ、今年秋、新たな一皿で北陸地区予選に挑みます。
ジョブキッズが今年もやってくる!
  • 徳川美術館展 天下人・徳川家康と尾張徳川家の至宝
  • いっちゃん通信
  • KNB LINE 友達追加
  • KNBダイナミックナイター
  • いっちゃんクイズ
  • ZIP
  • 高校生クイズ2017

↑ページ先頭へ