北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
ダイナランド

サイト内検索

数家 直樹のブログ

呉羽ナシのオーナー

プライベート ] 2015/05/25
 今年、ナシの木のオーナーになりました。自分の木が割り当てられ、その木に実ったナシ(幸水)は全て自分のものです。富山市のナシの特産地、呉羽地区にオーナー園があり、枝には1人ひとりの名前が書かれてあります。



 オーナーですからナシの木を管理する責任があります。3月には「棚結い(枝を棚に結び付ける)」を、5月には「摘果(小さな実を摘み取る)」という作業をしなければなりません。「棚結い」は北陸新幹線開業と重なり参加できなかったため、今回、初めて自分の木の「摘果」作業に出かけました。受粉などは管理会社が作業してくれますが、この摘果は代理がありません。



 すでにKNBニュースエブリィでもお伝えしましたが、今年は開花後の天候に恵まれ、実の着きが例年の3倍ほどと近年にないほど良いため、かえって作業は大変です。指導してもらいながら、見ようみまねでハサミを動かしますが、6、7個も着いている中から残す実を1つだけ選ぶのはかなり迷います。また、作業していると別の枝の実が気になって、ついそちらの方に手を伸ばすと、どこまで作業をしたのか分からなくなってしまいます。



 しっかり摘果しないと実が小さく甘みも薄くなるため、「9割落として1割残す」というアドバイスに従い、最終的には1本の木に150個程度のナシを実らせることを目指します。およそ2時間、まだ実が多いようですが、あと数回、作業に訪れる予定です。



 ナシの特産地として知られる呉羽地区も、生産者の高齢化や後継者不足で栽培面積が年々減少しています。このため、丘陵地の所々で木が伐採された空き地が点在しています。一方で、若手生産者がグループを作って新しい栽培方法を模索するなど長野県などとの産地間競争を勝ち抜くための研究も進められているということです。



 地元の生産者らの話を聞きながら、自らもナシ作りの作業を体験できる時間はとても有意義です。そして、収穫は8月下旬、よく冷やした幸水をかじった時の「シャキッ」という食感が今から楽しみです。

※参考までに 費用:ナシの木1本あたり2万円(作業:摘果と収穫)
ジョブキッズ2018
  • いっちゃん通信
  • KNBダイナミックナイター
  • KNB LINE 友達追加
  • いっちゃんクイズ
  • ZIP

↑ページ先頭へ