北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
健康経営シンポジウム

サイト内検索

数家 直樹のブログ

”春旅”に出る

プライベート ] 2017/02/13
「ウルトラマラソン(100km)大会に出るなら50km以上走る練習をしないとダメよ」。ウルトラマラソンの日本代表としてワールドカップに出場した経験を持つ富山市のランナー、田中寿美子さんに叱咤激励されて挑戦してみることにしました。“50km走"。フルマラソンの42.195kmまでは走ったことがありますが、それ以上は未体験です。


写真:富岩運河環水公園の天門橋から望む"立山連峰"

"立春"の日、快晴でした。まずは自宅を出て富岩運河環水公園へ。ここまで5km。1人でのランニングです。朝日を浴びながら放射冷却できりっと冷えた空気が気持ちいい。天門橋から立山連峰が一望できました。

富岩運河沿いを走り中島閘門を通って神通川の堤防道路に出て岩瀬浜を目指します。2014年、ユネスコが支援するNGO「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟した富山湾。古志の松原越しから望む景色はまさに世界に自慢できるレベルです。そして、足元に目をやると、渚に打ち寄せる波からもかすかに春を感じることができました。


写真:富山湾と古志の松原越しの山並み


写真:波に映る春の影

ここから海岸線を東に向けて走ります。どこまで走ると50kmになるのか皆目見当がつかないため、GPSウオッチで折り返しとなる25km地点まで走ろうと考えました。左手に日本海、正面には立山連峰という贅沢な景色を楽しみながらのランニングです。時折、自転車やランニングを楽しむ人とすれ違い声を掛け合います。塩分が多く雪が積もりにくいはずの浜辺にも、まだ残雪が。


写真:浜辺の残雪

折り返しの25km地点は、滑川漁港でした。ホタルイカ漁の解禁は3月1日。それを前にまだ静かな漁港を走り抜けるのも爽快です。100円ショップで購入したスマートフォン用のミニ三脚でセルフタイマー撮影してみました。


写真:滑川漁港を走る

エネルギー補給を兼ねて小休止を何度か取りながら、自宅近くに戻ってきたところで50kmに到達。かかった時間は、5時間12分あまり。1kmあたりでは6分15秒でした。休んでいる間は時計を止めていたので、実際は6時間ほどの“春旅"でした。


写真:50km走行を示すGPSウオッチ

ゆっくりペースの上、小休止もとったので、それほどきつくなかったというのが正直なところです。心地の良い疲れが体中に広がる感覚でした。しかし、ウルトラマラソンは、この2倍の100km。さらに50kmを走るのかと思うと“めまい"がしそうです。6月にエントリーした初めてのウルトラマラソンの目標は完走。それを確かなものにするために80km走などまだまだトレーニングを積んでいきます。家族はあきれていますが・・・。

フォトブック 旬景とやま 発売中!
  • YouTube KNB 公式チャンネル
  • いっちゃん通信
  • KNB LINE 友達追加
  • いっちゃんクイズ
  • ZIP
  • 駅北ルミエ
  • 決壊~祖父が見た満州の夢~

↑ページ先頭へ