北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
地域包括ケアフォーラム

サイト内検索

網谷 辰海のブログ

山と刀とちょんまげと・・・

番組 ] 2017/08/10
KNB山ウィークと題してお伝えしているこの1週間、いよいよあすは「山の日」当日!

「網」や「海」が入っていて、海らしさ溢れる名前のわたし。漁師町・岩瀬で生まれたこともあり、小さなころから山にはあまり縁がない生活を送っていて、「山」は遥か遠くにあるものというイメージがありました。
それでも家から立山連邦がきれいに見える日には度々、「きょうの山きれいやね~」と嬉しそうに母親に報告をしていた記憶がいまも鮮明に残っています。
また東京の大学に通っていたときには帰省するたびに、立山の美しさに驚かされ、自然あふれる地元・富山の良さを再確認していました。
そう思うと、実は自分にとっても山は身近な存在だったのかもしれないなと感じています。

最近興味を持っている「山」があります、それは魚津市にある「松倉山」。
早月側のほとりにある標高430メートルのこの山では、いまから700年ほど前、越中が誇る刀づくりの名手、郷義弘が日本刀の製作に励んでいました。
つい最近までは、全く名前も知ることがなかった郷義弘。知るきっかけとなったのは、いま県水墨美術館で開催中の「家康展」。
あまり歴史が得意ではない私でしたが、仕事やプライベートで足を運ぶこと計6回(網左衛門含め?!笑)


私物の図録。何度も読み込みました。


歴史に対するネガティブなイメージは払しょくされ、気がつけば、豆知識を交えながら簡単な解説ができるほどに知識も増えました。
そして知識が増すごとに、尾張徳川家に伝わる数々の逸品のなかに、富山の刀鍛冶の刀があるという誇らしさも自身のなかで大きくなっていきました。
郷義弘の刀は、その希少性の高さから「郷とお化けは見たことがない」と言われるほどですが、家康展では重要文化財に指定されている「五月雨郷」を見ることができます。
刀身の美しさについては、言葉ではなかなか説明できないので、ぜひ自身の目で確かめてください!今月20日まで間に合います!笑
刀匠・郷義弘が魂を込めて刀を作っていた松倉山周辺。まだ足を運んだことはありませんが、義弘の記念碑もあるそうなので近々訪ねてみようと思います。


網左衛門から譲り受けた刀。か、軽いっ!!笑


そして実は!!この郷義弘の子孫にあたる方がいまも富山県内に住んでいるということで、
KNBの取材班がお話を伺ってきたそうです。
わたしも詳細はまだ聞いていませんが、あしたのニュースエブリィの中で放送される予定とのこと!楽しみ~♪
またニュースエブリィが終わったあとも、あすは「KNB開局65周年記念 KNBふるさとスペシャル 立山と黒部 ~北アルプスから生中継~」が午後7時から放送されます!
KNB山ウィークの集大成!朝から夜まで山の魅力に触れられる1日となりそうです!!


網左衛門がくれたものコレクション笑
#三沢厚彦inTOYAMA
  • ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~
  • いっちゃん通信
  • KNB LINE 友達追加
  • いっちゃんクイズ
  • ZIP
  • つづく富山、えがく未来

↑ページ先頭へ