北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
高原兄の5時間耐久ラジオ

サイト内検索

武道 優美子のブログ

はり絵の世界に惹きこまれ

日記 ] 2017/04/06
いつまでも見ていたい、そんな気持ちになる展覧会を取材しました。

今月4日から富山市民プラザで始まった
「内田正泰のはり絵展 こころの風景」です。

内田正泰さんは94歳!
神奈川県在住のはり絵画家です。

戦後、グラフィックデザイナーとして活躍するなかで、
洋紙を手で破って張る独自の手法を編み出し、以来60年
古きよき日本の風景などをモチーフに
800点以上ものはり絵を生み出してきました。

私が会場を訪ねたとき、ちょうど内田さんがはり絵の実演をしていました。

驚いたのは、
下絵を描かず、はさみも使わず、
指先の感覚だけを頼りにどんどん色紙を切っていくことです。

そうやって、一枚一枚の洋紙をのりで重ね合わせ、
紅葉があざやかな秋の山や、
光の射し加減で波紋の色が違う水辺の風景などを
丁寧に描いていくのです。

その手元を見たら、思わず涙が出てきました。

内田さんに
「会場内の作品は、どれも懐かしく、見ていて優しい気持ちになりますね」
と声を掛けました。
すると、
「だって全力ですもの。毎日全力です。だから今バッタリ死んでも悔いはない」
と力強く話され、にやりと笑っていました。

そして、その場で制作した「イヌと花」のモチーフの作品を
「たいしたものじゃないけれど、あげる」
と言って、手渡してくれました。


内田さん、まだまだお元気で。これからも、素晴しいはり絵の世界を私たちに見せてください。


展覧会は富山市民プラザで今月13日まで開かれています。(入場無料です)
朝から夜まで いつも、いっちゃん★クイズウィーク
  • 月曜から夜ふかし
  • いっちゃんクイズ
  • いっちゃん通信
  • KNB LINE 友達追加
  • ZIP
  • つづく富山、えがく未来

↑ページ先頭へ