北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
いっちゃん☆KNB

サイト内検索

庄司 幸寛のブログ

第96回全国高校サッカー選手権大会

高校サッカー ] 2018/01/09
群馬県代表・前橋育英高校の悲願の初優勝で幕を下ろした
第96回全国高校サッカー選手権大会。



富山県代表の富山第一高校は、3回戦で前橋育英高校に惜敗し、
2年連続のベスト16という結果に終わりました。
しかし、2回戦では、優勝候補の呼び声高い、
J入団内定選手2人を擁する東福岡高校を撃破し、
富山第一も前評判に恥じない戦いを全国で見せたと思います。

県大会決勝の実況から、全国でのベンチリポートはじめ、
取材させてもらったものの、放送では伝えられなかった
選手たちのことを書き記したいと思います。

1吉田幸平選手(GK)3年
前回大会の全国選手権から富山第一の守護神として、
ゴールを守ってきた吉田選手。
3回戦の前橋育英との試合後、
「あの1点を止められるゴールキーパーになりたかった。
日頃の行いが悪かったのかもしれない…」と
涙ながらに話した姿に私も涙をこらえられませんでした。
ゴールキーパーは、何度ファインセーブをしても、
ひとつの失点を責められるつらいポジションだと思います。
しかし、吉田選手の周りに
あの失点を責める人間は誰もいないでしょうし、
今年の富山第一は、年間通してのリーグ戦では12失点。
リーグ最少失点。県大会から全国大会までの8試合でも2失点。
攻撃が注目されがちな今年のチームでしたが、実は、
近年まれにみる堅守を誇ったチームであったと思います。
これは、吉田選手の武器のコーチングを軸に、
ディフェンスラインがしっかり機能した結果。
何も恥じることはないと思います。
前橋育英相手に1失点だったチームは、
決勝で戦った流通経済大柏と富山第一だけなのですから…
大学でもサッカーを続け、将来は指導者を目指すそうなので、
この経験を活かし、立派な指導者になることは間違いないと思います。

2中田青(じょう)選手(DF)2年
スタメン唯一の2年生の中田選手。
ロングスローの名手として、全国でも観客を沸かせました。
2回戦の東福岡戦でのロングスローは合計31本。
東福岡のディフェンスラインに脅威を与え、
試合を優位に進めるうえで欠かせない武器を披露しました。
さらに、チームを守るために常に身体を張り、
怪我を抱えながらも、ピッチでは全力プレーを見せていました。
試合に出られない3年生に恥じないプレーを!と常に口にし、
自分よりもはるかに大きな相手選手に立ち向かう姿が印象的でした。
今年、全国の舞台で得た経験を来年の中心選手として、
新チームに伝え、プレミアリーグでも活躍することを期待しています。

3滝本敦生選手(DF)3年
1回戦、熊本代表の東海大星翔との試合で足首を痛めながらも、
懸命にプレーした滝本選手。
2回戦では途中交代となり、満足なプレーが出来なかったと
ベンチで男泣きしていた姿が印象的でした。
しかし、9番大竹選手の劇的な決勝ゴールで東福岡相手に
勝利を収めたとき、「仲間は助けてくれる!」
この意味が本当に分かったとも話していました。
その思いを胸に戦った3回戦は90分間フル出場を果たし、
前橋育英のロングフィードを何度も弾き返していました。
元々は前線の選手が、ディフェンスラインの中心、
要の位置をこなすことは、大変なことだったと思います。
この経験は、今後のサッカー人生にも必ず活きると思います。

4小森颯(はやて)選手(DF)3年
今大会で大ブレイクしたと言っても良いのが小森選手だと思います。
寡黙ながらも、プレーで観客席を沸かせたいとの言葉通り、
主戦場のタッチライン上でのダブルタッチは、
会場を沸かせ、解説者を唸らせました。
さらに、1回戦の東海大熊本星翔との試合終了間際、
相手の決定的なシュートをヘディングで押し返し、
チームを救いました。
最後に「悔いはないです」と話していたのは、
自分がチームの中でやるべきプレーをやり切った証拠だと感じました。

5松本楓大(ふうた)選手(DF)3年
去年もスタメン選手として、全国の舞台で戦った松本選手。
私個人の印象でいうと、1年ですごく大人びた選手だと思います。
「神は細部に宿る」この言葉を胸に、
1年間、プレー以外の私生活も気を付けたと話していました。
サッカー部部長もその姿を認め、「人間として成長した」と話していました。
中田選手とともに、ロングスローを武器に会場を沸かせ、
副キャプテンとして、チームをまとめることにも力を尽くしたと聞きます。
去年から、一貫して、将来の夢は「プロ選手」と力強く話していました。
大学4年間でさらなる成長を遂げ、また取材できることを楽しみにしています。

6高縁海(かいと)選手(MF)3年
とにかく得点に絡みたいと無邪気に話す表情が
非常に印象に残った高縁選手。
県大会では、強力2トップに次ぐ、チーム3位の8得点を挙げ、
高校年代最高峰のプレミアリーグ参入決定戦でも2ゴールの活躍。
父・真さんと鍛えた左足のシュートは全国の舞台でも健在でした。
しかし、2回戦、3回戦とチームが押し込まれる展開が増えると、
身体を張った献身的な守備を本当によくしていました。
8番前田選手と共に、中盤の生命線として、チームに欠かせない存在と
実況アナウンサー、解説者が口をそろえていました。
高縁選手も、大学からプロを目指すと話しているので、
将来が非常に楽しみです。

7多賀啓四朗主将(MF)3年
理路整然と話す大人びた選手という印象が強い多賀主将。
個性が強いチームをまとめ上げる苦労は大きかったと思います。
しかし、「大変な環境が好きで、暇を持て余すのは嫌い」と話し、
この言葉を聞いたとき、私は、こんな高校生がいるのだと驚かされました。
攻守の要となる中盤の底でプレーし、その非凡なパスセンスは、
放送スタッフをも魅了していました。
前橋育英戦後、「楽しかった」と話し、笑顔で千羽鶴を託しに行った姿は、
最後までキャプテンらしい姿を貫く強さも感じました。
大学受験を控え、まだまだ忙しい日々が続くと思いますが、
その強さで、夢に向かって頑張ってほしいと応援しています。

8前田拓哉選手(MF)3年
常に無邪気な表情でチーム内でもいじられ、
場を和ませていた印象が強い前田選手。
小柄な選手ながらも、球際で負けない闘志あふれるプレーは
チーム1だと大塚監督も認める実力者です。
右インサイドハーフというポジションながらも、
チームの危機を救うために、どこにでも顔を出すスタミナは
どこから出てくるのだろうと感心させられました。
前橋育英戦後、「勝ちたかった!あそこでスライディングが出来ていれば…」
と泣き笑いながら話す姿が、最後まで前田選手らしいとほっこりしました。

9大竹将吾選手(FW)3年
普段ゆっくり、おっとりと話す姿からは想像できないほど、
ピッチ内では闘志あふれるプレーを見せる大竹選手。
県大会得点王として、10番坪井選手と共に、
全国屈指の強力2トップとして注目され臨んだ今大会。
東福岡戦では、試合終了間際、チームに勝利をもたらす、
値千金のヘディングシュートを決めました。
18歳以下日本代表の相手DF阿部海大選手に競り勝っての得点は、
大きな大きな自信になったと思います。
2トップを組んだ相方・坪井選手は、春からJリーガー。
常に切磋琢磨してきた大竹選手も、大学からプロを目指すそうで、
離れても、互いに高め合いながら、いずれ、プロの舞台で戦う。
または、再びコンビを組む姿が見られることを期待しています。

10坪井清志郎選手(FW)3年
J2徳島ヴォルティス入団内定、今大会注目FWの一人として
選手権に出場した坪井選手。
9月の入団内定から、本当に大人になったと感じた選手です。
「高卒でプロになる!」
去年から話していた言葉を実現させたことはもちろん、
全国の舞台で感じたのは取材に対応する姿の素晴らしさです。
前橋育英戦後、こらえきれず、
涙を流しながらロッカールームに戻ったものの、
出てきて取材を受ける時、目に涙はなく、
しっかりとした言葉で、様々な媒体の取材に応じていました。
どんな質問が来ても
「言い訳はなく、今大会の喜びも悔しさも忘れずに
プロの舞台での活躍の糧にする」と話していた強さは、
すでにプロ選手の風格を感じさせてくれました。
この姿から、「プロ、そして、世界で活躍する」
この言葉も必ず実現してくれると信じています。

11高浪陸選手(DF)3年
4大会前の全国制覇メンバーを兄に持つということで、
様々な葛藤もあったと思います。
私たちもそのように紹介したことが多かったことは、
反省すべき点もあると思いますが、高浪選手自身が
「兄と比べられるのは仕方がない。超えるしかないですよ」
といつも笑顔で話してくれたことに強さを感じました。
3回戦後、「駄目だった。超えられなかった。勝ちたかったな…」
と涙を浮かべながらも、笑顔で話してくれた姿から、
やっぱり強い選手だと感じました。
大学でもサッカーを続けるとのことなので、
次のステージで、いつかお兄さんを超えたという
言葉を聞きたいと期待しています。

長くなってしまったので、続きは、
次のブログに書き記したいと思います。
なお、掲載させて頂いた写真は、
全て6番高縁選手の父・真さんから頂いたものです。
父母会の方にも、この1年間の取材を通して、
お世話になった感謝を、この場でお伝えしたいと思います。
本当にありがとうございました。
ちょこミラ
  • TGC
  • いっちゃん通信
  • KNB LINE 友達追加
  • KNBダイナミックナイター
  • いっちゃんクイズ
  • ZIP

↑ページ先頭へ