北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
KNBモ~ニングすくらんぶる

サイト内検索

庄司 幸寛のブログ

第96回全国高校サッカー選手権富山県大会ベスト4決まる!

高校サッカー ] 2017/10/30
10月28日(土)。高岡スポーツコアで準々決勝4試合が行われ、
準決勝を戦う4チームが決まりました!

3年連続28回目の全国出場、4大会ぶりの全国制覇を目指す富山第一。
2年連続のベスト4進出、初の決勝進出を目指す富山国際大付属。
3年ぶり7度目の全国出場を目指す水橋。
3年ぶりのベスト4進出の富山商業。

準々決勝第1試合は、富山第一と富山中部の対戦。


富山第一は、J2徳島ヴォルティス入団内定、エースで10番を背負う坪井。
坪井とツートップを組む9番大竹などのゴールで、富山中部に6対0で勝ちました。

ここまでの、3試合で、10番坪井は14得点。9番大竹は15得点。
チームとしては46得点無失点という強さを見せ、準決勝進出。
しかし、富山中部も実力校の意地を十分に見せました。
中でも、富山中部の3年生GK1番妙木は、
富山第一の決定的なシーンを少なくとも5回は抑えていました。
進学校の3年生、受験勉強とサッカーの両立は難しいことが多かったと思います。
サッカーで培った集中力は、今からの受験勉強にも十分役立つことでしょう。



準々決勝第2試合は、水橋と富山工業の対戦。


水橋は、チーム期待の2年生ストライカー20番長田、
1年生から主力の9番新庄などのゴールで、富山工業に4対0で勝利をおさめました。
富山工業も、フィジカルが強い3番池田、
10番梅沢のツートップが攻撃の活路を見出そうしましたが、
水橋はCBのキャプテン14番鍋田を中心とした堅い守りで
シュート2本に封じる強さを見せました。
水橋は、ここまでの3試合で45得点無失点。伝統の堅い守りに加え、
今大会は得点力が格段に上がりました。
選手たちの意識にあるのが、去年の選手権県大会決勝、
今年の高校総体県大会決勝で富山第一相手に完封負けを喫したこと。
打倒富山第一を掲げ、練習を積んできたと話します。
富山第一との対戦まで、あとひとつ。雪辱を遂げることが出来るのか!

準々決勝第第3試合は、富山国際大付属と伏木の対戦。


富山国際大付属は、前半27分。PKを獲得、5番高田が落ち着いて決め、先制します。
前半終了間際にも、11番笠間がゴール。2対0で伏木をリードし、試合は後半戦へ。
後半開始早々、富山国際大付属9番脇の追加点で3対0。
これで試合が決まったかと誰もが思ってからの伏木の諦めない攻撃は高校サッカーの素晴らしさがつまっていました。4番長澤、9番山田が得点をあげ、追い上げを見せますが、
4対2で富山国際大付属が伏木を振り切り、2年連続の準決勝進出。
富山国際大付属は、富山県リーグの2部2位。一方、伏木は富山県リーグ3部の1位。
この試合を見ていた多くの関係者が、伏木は3部リーグに所属するチームのサッカーではなかった。来年が怖いと漏らしていました。
伏木の山内重孝監督は就任1年目。今年から母校を率いたと聞いています。
3回戦でシード校、富山東相手に2対1で勝利を収めた時も、選手よりも大きく喜ぶ、選手たちとの距離も近い監督。試合終了後のロッカールームでは、「お前たちは負けていなかった。サッカーを今後も好きでいてくれ」と言葉をかけたそうです。
その言葉を聞き、先輩たちの涙を見た後輩たちの奮起が、古豪伏木の復活を期待させてくれます。


準々決勝第4試合は、高岡第一と富山商業の対戦。


前半は、高岡第一、トップ下15番坂井大地、ボランチの6番坂井風樹、双子の兄弟が中盤でボールを支配し、左サイド、キャプテン7番塩谷の突破で得点のチャンスを伺いますが、富山商業の組織力高い守備に阻まれ、得点することが出来ません。
試合が動いたのが、両チームに疲れが見え始めた後半15分。
富山商業ボランチの8番豊田がドリブルでエリア内に切り込み、
冷静に左足でゴールに流し込み、先制!
その後も、後半34分に、左SH7番杉林が追加点を上げ、
2対0で富山商業が高岡第一に勝ちました。
高岡第一は、今年の高校総体県大会準決勝で富山第一に敗れたリベンジをと、
今大会戦ってきましたが、その思いは、富山商業が受け継ぐことになりました。

9月24日に開幕した第96回全国高校サッカー選手権富山県大会.
40チーム41校が出場していますが、今、残っているのは、4校のみ。
勝つチームがあれば、もちろん負けるチームがある。
厳しい勝負の世界を戦う選手たちの姿は、見ていて心に刺さる美しさがあると思います。
ただ、選手をサポートするマネージャーたちの思いもあるのが高校サッカー。

明日31日(火)18時15分から放送のKNBニュースエブリィでは、
高岡第一高校の3年生マネージャーの物語をお伝えします。
また、水曜木曜には、準決勝進出チーム紹介。金曜日は準決勝の結果をお伝えします。
準決勝は11月3日(金)。
第1試合は、富山第一対富山国際大付属。11時キックオフ。
第2試合は、水橋対富山商業。13時30分キックオフ。
会場は、高岡スポーツコア、サッカーラグビー場です。
そして、富山県高校サッカーの頂点を決める決勝戦の模様は、
当日11月5日(日)正午から実況生中継でお伝えします。
高校生の熱き戦いに注目頂ければ幸いです。
朝から夜まで いつも、いっちゃん★クイズウィーク
  • 月曜から夜ふかし
  • いっちゃん通信
  • KNB LINE 友達追加
  • いっちゃんクイズ
  • ZIP
  • つづく富山、えがく未来

↑ページ先頭へ