北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
とやま健康経営シンポジウム

サイト内検索

小林 淳子のブログ

誰がいとこ同士?

 ] 2017/11/29


でるラジ水曜日レギュラーの西田和美さんが作ってきて下さいました。

いとこ煮です。

浄土真宗の報恩講料理の一つで、名前の由来は、畑で採れる具材がいとこ関係のようだからとか、材料を追々(おいおい)に煮ていくから、その「おいおい」を「甥甥」とかけてとかいろいろ説があるようです。

「なんで食べるかのか・・・」ということで富山県南砺市井波出身の西田さんが教えてくれました。

「浄土真宗の宗祖 親鸞聖人の御命日の前後に法要が行われます。それが「報恩講」。親鸞聖人の遺徳に感謝して、説法を聞き、そのあとに頂く御斎(おとき)の一つがこの"いとこ煮"。東本願寺派では親鸞聖人の命日を11月28日(旧暦)としていて、家では毎年28日から29日にかけて食べてます」。

報恩講のことを西田さんは「ほんこさま」と言っていて、地域地域で呼び方が違うようですね。
山口県では「お番」と言うそうで、山口県出身の詩人 金子 みすゞさんが「報恩講」と題してつくられた詩も紹介して頂きました。


「報恩講」

「お番」の晩は雪のころ
雪はなくても暗のころ

くらい夜みちをお寺へつけば
とても大きな蝋燭と
とても大きなお火鉢で
明るい、明るい、あたたかい

大人はしっとりお話
子どもは騒いじゃ叱られる

だけど、明るくにぎやかで
友だちゃみんなよっていて
なにかしないじゃいられない

更けてお家へかえっても
なにかうれしい、ねられない

「お番」の晩は夜なかでも、
からころ下駄の音がする


情景が目に浮かびます。
私はこんな経験がないので羨ましいです。

西田和美さん、いとこ煮の作り方も番組の中で紹介して下さいました。
ラジコのタイムフリー機能で聞いてみて下さい。
放送日は11月29日(水)午後2時10分過ぎからです。
フォトブック 旬景とやま 発売中!
  • ヘッズアップ!
  • いっちゃん通信
  • YouTube KNB 公式チャンネル
  • いっちゃんクイズ
  • KNB LINE 友達追加
  • ZIP

↑ページ先頭へ