北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
トレジャー・ハンティング

サイト内検索

木下 一哉のブログ

台湾カラフル旅行

日記 ] 2017/09/14
朝生的台湾ツアー、ご検討いただけてますか?

さて私は台湾旅行をしていると、色使いが日本と違うなぁと感じます。看板、服装、食事などなど。日本で自分が取り入れている色の感覚よりも、台湾の方が鮮やかだったり派手だったりする事が多い気がします。


圓山大飯店ロビーでの伝統音楽演奏

例えば衣装。写真は、今回の朝生的台湾ツアー最終日にお楽しみ頂く高級広東料理のレストランが入っているホテルのロビーでのひとこま。鮮やかな朱色のな内外装がトレードマークの圓山大飯店では、時々伝統楽器の演奏が披露されている事があります。注目は奏者の服装です。一人は原色の赤に金刺繍が施されたワンピース、もう一人は青緑の光沢生地を使ったチャイナドレス風の衣装です。これらをさりげなく着こなせてしまうのが台湾であり、引き立たせているのが台湾の街なのかもしれませんね。


オープントップバスから見た台北の夜景

また、夜になると俄然存在感を増す照明の色彩も、日本に比べて数段派手に感じます。LED照明の普及も手伝って、ここ数年一層華やかになったと感じる台湾の街中の照明ですが、何度か訪れるとこのギラギラ感が堪らなく、懐かしさすら感じるようになるから不思議です。このカットは、最近運行を始めたオープントップバス(屋根の無い周遊観光バス)から撮った台北市内の夜景、正面に台北101が見えます。


台中 宮原眼科の商品包装もカラフル!

お土産のパッケージやラッピングも、お店によっては可愛く華やかにやってくれます。写真は台中市随一の観光スポット「宮原眼科」のチョコレート売り場ですが、チョコを入れる箱が可愛いだけでなく、画面右に見えるカラフルなリボンをかけてラッピングしてもらえます。頂いた方も、箱や包み紙を捨てたくないと思うほど、日本の包装とは違った風合いをお楽しみいただける事と思います。


迪化街は台北の中心ながら穴場スポット!

そして今回のツアーパンフをよーーーく読んで頂かないと気づかない、レアなスポットをご紹介しましょう。それが迪化街(てきかがい)という問屋街です。台北駅からタクシーで5分ほどと台北市の中心部にありながら、100年以上前からある歴史的建造物が普通に商店になっている、なんとも趣深い町並みです。


100軒余りの布問屋がひしめく光景は圧巻

そこに集まる商材の内、今回特に女性の参加者の方にオススメしたいのが永楽布業商場という布の問屋街です。石造りのビルの2階ワンフロアに100店あまりの布のお店が、量り売り・卸価格で布を販売しています。ドレス用の装飾が施された布やレース生地、バッグやポーチを作る柄の入った布、キルトや和洋裁を楽しめる様々な布が所狭しと並べられ、手触りなどを確かめながら品定めが出来ます。


カラフルな布を選んでいると時間を忘れるかも…

色々な台湾ツアー商品が巷にはありますが、迪化街でのショッピングが入ったツアーは多くありません。また個人旅行でも、地下鉄駅から遠い事などもあってなかなか来る人が多くないのですが、その分レア感が楽しめると思います。


乾物や漢方食材を卸価格で!試食有り

女性だけで無く、男性は是非乾物屋さんや、漢方食材の問屋さんを訪ねて頂きたいですね。台湾の伝統乾麺やドライフルーツ、中華料理の高級食材や伝統茶など、パッケージされる前の「現物」をご自身の目で確かめ、試食するなどして買っていただけます。


帰国する頃にはカラフル写真満載!

朝生的対案ツアーでは、歩きながらなにげなくシャッターを切ってみるだけで、古き良きアジアの風情を、一枚の写真に収める事も出来るでしょう。この、ややマニアックな迪化街でのひと時は、今回のプロデュースの中での密かなこだわりポイント=隠しテーマの一つでした。

今回は11月、12月の年内2コースを含め全6コースを設定。特に、台湾観光のベストシーズンと言われる年内2コースへのお申し込みはお早めにどうぞ。パンフレットのご請求、お問い合わせは 03-6730-3220 また、ご覧のKNB Webの上の部分にローテーションで表示されるバナー広告をクリックして頂いても結構です。
ジョブキッズ おしごとチャレンジ中!
  • グラチャン応援キャンペーン 第2弾
  • いっちゃんクイズ
  • いっちゃん通信
  • KNB LINE 友達追加
  • KNBダイナミックナイター
  • ZIP

↑ページ先頭へ