北日本放送|KNB WEB [テレビ] 1ch/[ラジオ] AM738kHz/FM90.2MHz

  • ゲストさん
廣済堂

サイト内検索

木下 一哉のブログ

佐渡で一番旨いものは?

日記 ] 2017/08/04
間もなく夏の高校野球日本一を争う甲子園大会が始まります。地方予選を勝ち抜いた代表校の横顔紹介の記事には、必ず○年連続○回目とか、初出場などの情報が載りますよね。何か自分にもそんな「肩書き」が欲しいと思い探してみた所…ありました。私の担当しているラジオ番組「とれたてワイド朝生!」で募集する、佐渡島ツアーへの参加が「9年連続9回目」でした。



9回も連続して佐渡へ行っていると、いろいろと変化してきたことに気づきます。一番大きいのは佐渡汽船のカーフェリーです。私が初めて参加した2009年から2013年までは、全長120m・安定感抜群のこがね丸で佐渡へ渡っていました。船内にエスカレーターやイベントステージなどもあり、旅行を主催する新富観光の皆さんとトークショウをして盛り上がっていました。2014年に一度だけ、新造船のときわ丸に乗るために新潟西港から両津という航路を利用し、2015年からはさらに新しい、あかねを利用させて頂いています。



9年間、毎年100人近くの富山県民を佐渡へお連れしているという事で、最近は佐渡市として私たちのツアーを歓迎していただけるまでになりました。私の名前と共にツアー名を入れ込んだ横断幕を毎年作っていただき、船が付く時刻に合わせて待ち構えてくださる姿には、参加者の皆様も感動していました。



9年も佐渡に行っていると、例えば西三河ゴールドーパークでの砂金採りは、なかなかの腕前になります(笑)初級コースではありますが、数回砂をゆすってみると、10粒あまりの砂金を取ることが出来ます。そこで毎年私は自分が採った砂金を誰かに差し上げることにしているのですが、今年プレゼントした小学生の女の子は、なんと私があげた砂金の粒を、施設内でペンダントに加工してもらい、私に再プレゼントしてくれました。Fちゃん、ありがとね!



9回目ともなると、佐渡専属の観光ガイドさんとも仲良しになります。今回のガイドさんとも、昔からの友達のような感覚でご一緒頂きました。もちろん、朝生!旅のコンシェルジュでもおなじみ新富観光の添乗員・西出さんとのコンビもバッチリで、参加者の皆さんに少しでも快適な旅を楽しんで貰おうと、力を合わせてサポートしていただきました。



さぁいよいよ、来年実施されれば10年連続10回目という大台に乗ります。佐渡汽船の担当者の方には、「私的には10周年になるので、佐渡を訪れたうえで、どーんと外国までクルーズとかできないですか?」と真面目に打診をしてみたのですが…私の妄想はちょっと無謀すぎるようでした(汗)ですよねぇ…



佐渡行きを検討される方からよく聞かれるのですが…佐渡の食べ物はどうですか?と。9年連続して行かせて頂いている私が毎年感動する味は何かと言うと…「ごはん」です。そう、白いご飯です。肉も魚も海藻も、あれこれ美味しいものがある佐渡島ですが、私は毎年最後のお昼ごはんに、佐渡のご飯を思いっきり食べて帰る事にしています。

ごはんがおいしいっていう事は、その土地の自然の豊かさ、作り手の努力、おかずの質の高さといった多くの要素が合わさっているという事。そして何より、その旅が充実しているからこそかみしめられる、シンプルだけどとても意味のある「旨さ」なのではないかと思うのです。10年連続10回目を楽しみに、また一年過ごして行こうと思います。
フォトブック 旬景とやま 発売中!
  • ヘッズアップ!
  • いっちゃんクイズ
  • いっちゃん通信
  • YouTube KNB 公式チャンネル
  • KNB LINE 友達追加
  • ZIP
  • 駅北ルミエ

↑ページ先頭へ